わくわく創造アトリエ神戸岡本プレイルーム より

わくわく創造アトリエ神戸岡本プレイルーム 柏木直子です。

日に日に新型コロナ感染者増加のニュースが入り、皆様不安にお過ごしのことと存じます。
不自由な生活のなかで、大人も子どもも不安や不満が溜まりがちになるかと思いますが、こんなときにこそ子どもたちとじっくり関わる時間を楽しみたいと思います。
積木もいいですし、お料理や、おうちでできるような作る遊び、立派な作品でなくとも、例えば紙をちぎるだけでもなにか表現活動、創作活動のきっかけになるかもしれません。

表現活動、創造活動は、それに関わる者の心を浄化する作用があります。

また次回お会いできるまで、おうちのなかでもできる楽しみをたくさん見つけて、心を大きく膨らませて頂けたら、幸いでございます。

次回、アトリエでお会いできるときは、子どもたちのエネルギーの発散具合がものすごいかもしれませんね。
それに備えて、私共も準備と体力作りに努めたいと思っております。

さて、先日お伝えしました3月の日程ですが、3月中のアトリエは全て延期にさせて頂きます。
神戸市の中でもアトリエのある東灘区は特に感染者が多く報告されていることから考慮しました。

こちらは2020年度年間予定表です。
5月と6月に3回実施するよう予定を組んでおりますが、3回実施するときに中止した3月分を組み込むのではなく、4月に3月のカリキュラムから順に実施する予定です。
(例えば5月21~24日は5月1回目のカリキュラムの予定です)

また皆様のご希望を反映して、クラス編成も変更しております。
ご確認下さい。

皆様にお会いできるのはまだ先になってしまいますが、今までと変わらず、子どもたちの本質に従い、充実した創造活動ができるよう努めてまいります。
楽しみにして頂いている皆様には長らくお待たせしてしまい、申し訳ありませんが、ご理解頂けますようお願い申し上げます。

コロナに負けるな!お家で遊べるゲームのご紹介

2020年3月20日現在、新型のコロナウイルスの感染予防の為、兵庫県では現在でも一部地域を除いて休校が続いています。
それに加えて、3月20日から22日の三連休は、不要不急以外での、大阪-兵庫間の往来に自粛要請が出ております。
子どもを連れて外出するのがためらい気味になる今日この頃、お家で子どもたちと楽しく遊べる、ゲームをご紹介させて頂きます。

■ASバランスタワー
対象年齢:3歳以上

サイコロを振って出た目のブロックをハンマーで抜いていき倒したら負けのゲームです。
タワーを壊さないように、慎重にブロックを抜いていきましょう。

さらに、ブロックを並べてのドミノ倒しも!
カラフルな積木を並べて、ドミノで絵を作っても楽しいですよ。

■tas tas
対象年齢:6歳以上

3つの絵が描いてある細長いカードを、同じ絵柄がタテ・ヨコ・ナナメに3つ以上並ぶように置き、得点を競うゲームです。
手持ちのカードでどれを出せば一番多く点を稼げるか、また次の人に大量得点を許してしまうか等、戦略も重要になってくるゲームです。

カードを1人3枚ずつ持ち、場の列につなげてゆきます。
場に出すたびに山札より手札に1枚追加します。
点数表を用意し、カードを置くたびに点数をつけて足し算していきます。
タテかヨコは1つにつき1点を加算します。
図の例だと、ヒトデ×3点、波×3点の計6点。

タテ・ヨコ・ナナメはそれぞれ別に換算します。
図の場合はヨコ波×4点、タテ波×3点の計7点。

ナナメは得点が倍になります。
図の場合はナナメ波が3×2=6点。

48枚のカードがすべてなくなった時の合計点を競います。
誰が一番多く点数を獲得できたかな?
またカード1枚1枚も、並べたカードの組み合わせの美しさも、
このゲームの魅力の1つです。

■スピードカップス
対象年齢:6歳以上
めくって出てきたカードの色と順番通りに、素早くカップを並び替えるシンプルなカードゲーム。
1番に出来た人はチャイムを鳴らせるので、思わず熱くなってしまいますよ。

1.まずは5ヶ1組のカップを人数分用意して横にランダムに並べます。開始と共に山札から1枚引いてみましょう。
2.山札から引いたカードに描かれている通りにカップを並べ・・・。
3.並び替えたらチャイムを鳴らしましょう。一番にチャイムを鳴らした人がカードを貰え、最後に一番カードを持っている人の勝ちです。

カードとカップの並べ方の一例です。
簡単なものばかりと思いきや、大人でも思わず頭を捻ってしまう問題まで様々です。

もう暫く、新型コロナウイルスによる影響で、子どもは元気なのに自宅で遊ぶ日々が続くと思います。
そんなときは家族みんなで楽しめるゲームはいかがでしょうか?

ご紹介させて頂いた玩具は店頭で販売しておりますので、ご興味ありましたら是非お求めください。

3月のわくわく創造アトリエ 日程変更のお知らせ

わくわく創造アトリエ神戸岡本プレイルーム 柏木直子です。

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、全国一斉休校要請など皆様戸惑いと不安を感じておられることと存じます。

アトリエは、少人数であること、公的な場所ではないこと、僅かでも子どもたちの気持ちが解放できる場所があれば、、、と開催を検討しましたが、前例にない感染力を考慮し、やはり今回の要請に倣って休室させて頂きます。

現在会員様にお渡ししている3月のスケジュールについてですが、1週目、2週目ともに中止に致します。

1回目の活動について、3/24〜29の週に繰り越しを検討しておりますが、情勢次第では、再度予定を変更させて頂く場合もございます。
その際は改めてご連絡致します。

2回目の活動については、4月以降(夏までに)月3回の月を作り、そちらで振替させて頂きたいと思います。

アトリエを楽しみにして頂いている子どもたちには残念なお知らせになってしまい、誠に申し訳ございません。
ご理解賜りますようよろしくお願い致します。
何かございましたら、お尋ねくださいませ。

また引き続き、体験・入会の方も受け付けております。
ご入会、体験のお問い合わせ、お申し込みは

LINE@ ID … @isn6751z
https://line.me/R/ti/p/%40isn6751z

もしくはコチラまで

シュライヒ恐竜フィギュア 入荷しました。

1点づつ丁寧に作られた、シュライヒのフィギュアから恐竜シリーズの新作が入荷です。
そこで今回はせっかくなので、メーカー様の写真で分かりづらい部分まで見ていただこうと思いまして、1点づつ撮影してみましたっ!

撮影に使ったのは、普段アトリエ活動の際に控室として使っている部屋です。
床の絨毯が芝生みたいに見えて、良い味が出てる!っと自画自賛しているのですが、いかがでしょうか?

フィギュアは表情が大事です。なのでここまで寄った写真も撮ってみました。
これ、明るさは調整していますが、ほぼ修正していません。
本物の恐竜は見たことありませんが、凄くリアルだと思いませんか?

出来る限りWEBに掲載する写真は、実際に店頭で見て頂いているものに近づけたいと思っておりますので、別撮りできる分は店頭で撮影しております。
もしこんな写真も見たいな♪っていうリクエストもあればお応えしたいと思いますので、教えてください。

小黒三郎の組み木のひな人形 入荷しております

来月はひな祭りです。毎年この季節になると、店舗の方では『小黒三郎の組み木のひな人形』のお問い合わせを多く頂いております。
今年も若干数ではありますが、入荷してまいりました。

店内に展示しておりますので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。
毎年ひな祭りギリギリには無くなってしまいますので、購入のお考えの方はお早めにお願いします。

また遠方で店舗までお越し頂くことが難しい方は、オンラインショップでも販売しておりますので、そちらをご利用下さい。

1月アトリエ報告~造形活動2~

1月2回目の造形活動の紹介です。
1月のテーマは『三角』
前回ご紹介したゴム遊びのあとは作品作り。
今回は大きな正三角形の紙に好きな色を選んで自由に色塗りを楽しみました。

手を動かすたびに美しい色面が広がるに子どもたちは夢中で手を動かし続けます。
自分の手で、美しいものが作れる喜び、小さいうちから経験できるなんてとっても幸せなことですよね。

こちらは1歳半〜4歳対象の親子クラスの作品です。
そんな小さな子たちが作ったとは思えないほど、どれも色合いや質感が美しい作品でした。

こちらは4歳〜小学生対象のクラスの作品です。
骨格のような正四面体のオブジェ。
カッコいい作品が出来あがりました。
どうやって飾ろうかな?

工程も簡単で、保護者の方からは、
「こんなに簡単に素晴らしいものが作れるんですね」
と、驚きのお声を頂きました。

和久メソッドで、どの子からも自然と
「やってみたい!」
というやる気と、
「こんなふうにしてみよう!」
という創造欲求を引き出していきます。
自分の手で、美しいものが作れる喜び、小さいうちから経験できるなんてとっても幸せなことですよね。

2月のアトリエ活動

わくわく創造アトリエ 神戸岡本プレイルームです。
2020年2月のスケジュールです。
金曜クラスだけ第1回目の週が異なりますので、ご注意下さいませ。

わくわく創造アトリエでは毎月<かたち>のテーマを設けています。
言葉をまだ獲得していない乳児でさえ<かたち>には関心を持ちます。
それは見ることができるから、触ることができるから。

五感で外界を吸収しながら発達する人間にとって、この五感すべてを駆使して発見と表現を繰り返せるものは<形ある存在>をおいて他にありません。

球→円柱→四角→三角→面線点→複合。
テーマにしている<形>は、単なる羅列ではなく、子どもたちに形の特性を直感してもらうよう、無理のない順序(つながり)に従って展開させていきます。
これは球→四角→円柱…の順ではなりたちません。

積木活動に限らず、造形活動や絵画活動、料理活動など、和久洋三のわくわく創造アトリエでは「つながり」を意識した活動を用意しています。

子どもたちは様々な創造活動を通して、人と人、人と自然、人と物…、あらゆる「つながり」を感じとっていきます。
そして、世の中すべての物が関係性を持ち、それぞれ必要不可欠な存在だということを直感していきます。
それが、創造力を引き出すことにつながるのです。

つながりを大切にしている哲学とも言える子ども観、教育観こそ、和久メソッドの核であり、ほかの造形教室とは異なる点です。

2月のテーマは【点線面】です。
点はかたちの中で最小の単位。
◯にも⬜︎にも△にも含まれる要素です。
それが連なれば、直線にも、曲線にもなり、面ができればまた千変万化の多様性を生み出します。

さて、ここからどんな創造の世界が生まれてくるでしょうか。
みんなで一緒に楽しみましょうね

お子様のまだ見ぬ創造力を発揮させてあげたい!と思った方、
ぜひお問い合わせ下さい!

ご入会、体験のお問い合わせ、お申し込みは
LINE@ ID … @isn6751z
https://line.me/R/ti/p/%40isn6751z
もしくは
コチラまで

■親子コピカ
・2/8(土)10:00~11:30
・2/9(日)10:00~11:30
・2/14(金)10:00~11:30
・2/15(土)10:00~11:30
・2/16(日)10:00~11:30

■幼児小学生コピカ
・2/4(火)15:30~17:00
・2/8(土)13:30~15:00
・2/9(日)13:30~15:00、15:30~17:00
・2/11(火)15:30~17:00
・2/15(土)13:30~15:00
・2/16(日)13:30~15:00、15:30~17:00

1月アトリエ活動報告~造形活動~

わくわく創造アトリエ 神戸岡本プレイルームです。
1月2回目の造形活動の紹介です。
1月のテーマは『 #三角 』
まずは、カラー輪ゴムとピンボードを使って模様遊びを楽しみました。

3cm間隔で60度の位置にピンがある童具『#ピンボード六角 』にカラー輪ゴムを掛けて自由に模様遊びを楽しむ子どもたち。
片手ではできない作業に、知らず知らず集中力が高まっていく子どもたち。
『輪ゴムを掛ける』こと自体を楽しんだ子も、意図的に何かの模様を作り出した子も、やり出したらピンボードだけでもあっという間に時間を過ごせてしまいます。

子どもたちの『やってみたい!』という気持ちが本気に変わる瞬間です。

ただ時間を過ごすだけの遊びか、そこから達成感や充実感、作る喜びをどれだけ得られたか。
ひとつひとつは本当に小さな成功体験でもどれぐらいの『できた!』を積み重ねられたかで、子どもたちの創造力の伸びしろはずいぶん変わっていきます。

✳️体験参加やご入会のお問い合わせ、お申込みは随時承っております。

お子様のまだ見ぬ創造力を
発揮させてあげたい!と思った方、
ぜひお問い合わせ下さい😊

お問い合わせ、お申し込みは
LINE@ ID … @isn6751z
https://line.me/R/ti/p/%40isn6751z
もしくは
コチラまで

1月アトリエ活動報告~描画活動~

わくわく創造アトリエ 神戸岡本プレイルームです。1月1回目の描画活動の紹介です。
1月のテーマは『三角』。

幼児小学生クラスでは、アトリエ的“書き初め”!!
大きな和紙に、自由に、大胆に自分の思う『まっすぐな線』を描いてもらいました。
線を描いたあとは、その区切られた面の中を好きな色で自由に彩色。

大きな和紙を相手に全身を使うように色々な線を描く子どもたち。
細い線やらや太い線。かすれて繊細な線やら、濃く滲んだ線。
『線を描く』ということ一つとっても子どもたち自身のように千差万別、十人十色で面白い作品になりました。

思い思いに線を描いているうちに導入の活動で遊んだケルンモザイクのかたちと同じものが出来ていた!?
と発見した子もいました!

体験参加やご入会のお問い合わせ、お申込みは随時承っております。
お子様のまだ見ぬ創造力を発揮させてあげたい!と思った方、ぜひお問い合わせ下さい。

1月のアトリエ活動

わくわく創造アトリエ 神戸岡本プレイルームです。
新年明けましておめでとうございます。
本年も、子どもたちとともに創造共育を通じて、生きる喜びを感じる瞬間を大切に活動していきたいと思います。
アトリエは1月7日からのスタートです。

わくわく創造アトリエでは毎月<かたち>のテーマを設けています。
言葉をまだ獲得していない乳児でさえ<かたち>には関心を持ちます。
それは見ることができるから、触ることができるから。

五感で外界を吸収しながら発達する人間にとって、この五感すべてを駆使して発見と表現を繰り返せるものは<形ある存在>をおいて他にありません。

球→円柱→四角→三角→面線点→複合。
テーマにしている<形>は、単なる羅列ではなく、子どもたちに形の特性を直感してもらうよう、
無理のない順序(つながり)に従って展開させていきます。
これは球→四角→円柱…の順ではなりたちません。

積木活動に限らず、造形活動や絵画活動、料理活動など、和久洋三のわくわく創造アトリエでは「つながり」を意識した活動を用意しています。

子どもたちは様々な創造活動を通して人と人、人と自然、人と物…、あらゆる「つながり」を感じとっていきます。
そして、世の中すべての物が関係性を持ち、それぞれ必要不可欠な存在だということを直感していきます。
それが、創造力を引き出すことにつながるのです。

つながりを大切にしている哲学とも言える子ども観、教育観こそ、和久メソッドの核であり、ほかの造形教室とは異なる点です。

1月のテーマは【三角】です。
四角と同じく全て平面で構成されるかたちですが、鋭角や、斜面、奇数など、新しく、異なった要素が加わり、より幅広い表現を楽しむことができます。
さて、ここからどんな創造の世界が生まれてくるでしょうか。
みんなで一緒に楽しみましょうね。

お子様のまだ見ぬ創造力を発揮させてあげたい!と思った方、ぜひお問い合わせ下さい。