シャボン玉遊び

寒い冬が終わると、春から夏にかけて、お外で遊ぶ機会も増えてくると思います。
お外遊びと言えば、公園で遊具や砂遊びをすることが多いでしょう。
それと合わせて多いのが、シャボン玉遊び。
お父さんお母さんも、子どもの頃は大好きな遊びだったのではないでしょうか?

小さな球をいっぱい作り出すために強めに息を噴き出したり、あるいは、少しでも大きな玉を作るためにゆっくり息を吹きだしたり。
子どもたちは自分の思い描くシャボン玉を作るために、試行錯誤しながらシャボン玉を作って、大空に飛ばしています。
そんなシャボン玉遊びをもっと楽しくする商品をご紹介させて頂きます。

PUSTEFIX社はドイツのシャボン玉メーカーです。
万が一、子どもたちが口にしても無害な高い安全性が人気です。
更に子どもたちの誤飲を防ぐための容器、シャボン玉がひと吹きでたくさん出てくるリングも独自に開発されております。
以下、PUSTEFIX社の商品の一部です。

またシャボン玉にも特徴があり、まわりの色を綺麗に映し出すその美しさは世界中のシャボン玉アーティストからの支持を得ており、ショービジネスの世界やセラピーの一環としても活用され、人々に喜びとファンタジーを与え続けています。
作りやすく、割れにくいシャボン玉。
お天気の良い日は、子どもたちと童心に戻って、シャボン玉を楽しんでみませんか?

6月の積み木のワークショップ

6月の積木ワークショップ
『積木で色々な装置を作ろう!ボールの転がるコース作り』

転がるボールの行方に目が離せないのは、どの年齢の子どもたちにも共通の大好きな遊びです。
wakublock やくむくむなどを使って、ボールが転がるコースを作って遊びます。

小さな子どもたちは、ひたすら転がし遊びを楽しみ、大きな子どもたちは、ちょっと複雑な装置作りにも挑戦できたらいいなと思っています。

ぜひご参加下さい。お待ち致しております。
(どちらのクラスも同じテーマで実施する予定ですが、人数や年齢構成によって多少内容を変更する場合がございます。ご了承下さいませ。)

□日程
6/16(日)
10時〜11時30分(親子クラス)
13時〜14時30分(幼小クラス)
(予備)15時〜16時30分(幼小クラス②)

6/18(火)
10時〜11時30分(親子クラス)

6/20(木)
10時〜11時30分(親子クラス)

6/22(土)
10時〜11時30分(親子クラス)
13時〜14時30分(幼小クラス①)
15時〜16時30分(幼小クラス②)

6/23(日)
10時〜11時30分(親子クラス)
13時〜14時30分(幼小クラス)

BRIOの木製玩具

子どもたちが大好きなおもちゃの1つが乗り物のおもちゃです。車や電車、飛行機のおもちゃは子どもたちに大人気です。当店でもお買い求め下さるお客様は多いですが、ほとんどのメーカーは対象年齢を「3歳以上」としています。今日はこういったおもちゃを与えるときに、少しでも頭に入れておいていただきたいことをご説明させて頂きます。

「男の子だから電車のおもちゃがいいかな?」
よくおもちゃ選びでご質問頂く内容です。でも、少し考えてみて下さい。女の子で電車のおもちゃが好きな子はいませんか?反対に、おままごとが好きな男の子もいませんか?男の子が電車が好きなのは、親が先入観で電車のおもちゃ”ばかり”与えているから、”それしか”知らない子どもになっているからです。小さい頃は男の子女の子でおもちゃを区別せず、いろんな遊びを経験する中で、電車遊びをしたいとお考えのお客様に、当店ではBRIOの木製レールをおススメしております。

【BRIO】は1800年代の終わりより高級製品として製造されています。以来、これまでその技術と製品に対する拘りを向上させ、子供たちは遊びを通して個々の能力の向上させています。触っているだけでどこか懐かしい気分にさせてもらえるおもちゃです。

BRIOの商品はおもちゃ製品に最適とされるブナ材を使用しております。ブナは密度が濃く、堅くて丈夫な素材で、圧力や湿度の変化にも耐え、変形しにくいとされています。また、ブナの木は有害な物質や化学物質を含まず、表面もソフトであるため、こどもたちの繊細な肌にも大変やさしいのです。

BRIOの商品にはいろんな仕掛けがいっぱい。機関車に荷物を乗せたり、クレーンで吊り上げたり、フォークリフトで運んだり。お子様の創造の幅を広げてくれます。

指先を使った遊び

子ども頃は指先を使った遊びが将来の為に役立つと、よく言われます。当店でも指先を使ったおもちゃはたくさんご用意しております。では、なぜ、指先を使った遊びは、子どもたちにとって良いのでしょうか?

一般的に、3歳を過ぎてくると、子どもたちは形の認識が出来るようになってきます。〇・△・□などです。ちなみに3か月を過ぎるまでは目が見えておりませんので、3か月を過ぎたあたりから、どの角度から見ても形を認識出来る、球体のおもちゃをおススメしております。その後、月齢を重ねていく上で、他の形を認識出来るようになってから、指先遊びのおもちゃを与えてあげてください。それまでは、どんな素晴らしいおもちゃでも、子どもたちにとっては「遊べないおもちゃ」になってしまいます。

では、形が認識出来るようなった3歳あたりから、与えてあげたいおもちゃとはなんでしょうか?当店がおススメするおもちゃをご紹介させて頂きます。

PALO パロ
1歳半から遊べるようになるおもちゃです。まずはハンマーは与えず、球体を転がしたり、形をはめるところから遊んであげて下さい。その後、形をうまくはめられるようになってからハンマーを与えてあげると長く遊んで頂けると思います。

プラス10
こちらも1歳半からのペグ指しのおもちゃとなります。ペグを指すだけでなく、紐を通したり積み上げて形を作ったりと、月齢にあわせていろんな遊びが出来ます。子どもたちの創造力もしだいで、親御さんの創造を超えた創作が出来るかもしれません。

型はめボード
4種の形と大きさをボードにはめて遊ぶおもちゃで、2歳からのおもちゃになります。木枠に上手にはめるには、少し難易度が高くなってきます。全部はめられるようになる頃には、指先も器用になってくると思います。

今回は3商品をご紹介させて頂きましたが、この他にも指先遊びのおもちゃをたくさんご用意させて頂いております。お子様の月齢に合わせて、適切なおもちゃを親御さんが準備してください。

MICKI ビルディングロッズ

子どもたちが大好きなおもちゃの一つKAPLA(カプラ)。かまぼこ板のような積み木を積んで、いろんな形を作ることが出来ます。幼稚園保育園などでも人気で、ご家庭用としてもお持ちの方も多いと思います。私も初めて見たときは、こんな小さな板からは想像も出来ない創作物が出来るのに、感動しました。その大人気のKAPLA(カプラ)の積み木遊びが、もっとお得に出来るのをご存知ですか?

スウェーデンの老舗玩具メーカー、MICKI社のビルディングロッズです。KAPLA(カプラ)ほど有名なおもちゃではありませんが、当店ではKAPLA(カプラ)をお探しのお客様には、まずこちらのおもちゃをおススメしております。今日はこちらのおもちゃをご紹介させて頂きます。

大きさは 約8×23×117mmのパイン材を使用しており、一見すると「かまぼこ板」のような形をした、小さくて薄い木の板です。全て同じ形をしているのですが、曲線や球体などいろんな形を表現することが出来るので、イメージしたものを思いのまま組み立てられます。 これをKAPLA(カプラ)と比較したものが次の写真になります。

こちらがKAPLA(カプラ)とビルディングロッズを組み合わせた図になります。いかがでしょう?大きさにほとんど差は感じないと思います。四隅もほぼぴったりに合わせられて、追加パーツとしても使えると思いませんか?ただ画像ではわからない点として、手触りや細かいカット処理などはKAPLA(カプラ)の方が、上手く出来ていると思います。その点を気にされなければ、300個入りですので、お値段的にも割安です。続いて実際に作ってみた作品が次の図になります。

上図が300個使って作った作品になります。一枚づつからは想像も出来ないような塔が完成しました。それぞれが滑りにくく積みやすいので、しっかりとした作りです。

150個使ったものです。半分の量でもここまでしっかりとした作品を作ることが出来ました。ただ積み上げるだけの遊びから、想像して大人の思いつかないような創造を子どもたちは見せてくれると思います。

3歳から大人まで楽しめ、年齢に応じてどんどん想像が膨らむおもちゃですので、興味ありましたら是非遊んでみて下さい。きっと新しい発見がみつかるはずですよ。

GWの予定はお決まりですか?

元号が「平成」から「令和」に変わる今年のGW。
最大で10連休とのことで、今年は例年になく話題の多い連休になりそうですね。
みなさまはGWのご予定、もうお決まりでしょうか?
B.B.SHOPではGW期間中にかけてワークショップを行います。

5月ワークショップ
『みんなで乗ろう!積木でつくる大きな新幹線』

5月2日(木)
A:10:00〜11:30
B:13:00〜14:30

5月3日(金)
A:10:00〜11:30
B:13:00〜14:30

Aは、保護者の方も一緒に楽しめる2〜4歳向けクラス、
Bは、子どもたちだけで楽しめる幼児・小学生向けクラスの予定ですが、兄弟構成やご都合で対応させて頂きますので、ご相談ください。

今年のGWは子どもたちと積み木で思い出を作るのも、良いかと思いますよ。
皆様のご参加をお待ちしております。

また店舗の方の営業についてですが、

5/1(水)定休日
5/4(土)休業
5/5(日)休業

とさせて頂きます。

4月の積み木のワークショップ

いよいよ新元号が発表されましたね。
これからの時代を作り出していく子どもたち。
その子どもたちの感じたり考えたりする成長の一日に、ほんのわずかな時間ではありますが関わらせて頂くというのは、嬉しくもあり、身の引き締まる思いがします。
今月も積木ワークショップで子どもたちの笑顔や真剣なまなざしがたくさん見られますように。

さて、木のおもちゃB.B.SHOPの
『積木ワークショップ』の4月の活動のお知らせです。
*
*
🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞
*
*
4月の積木ワークショップ
『動物のおともだちを作ろう!』
*
*
🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞
*
*
wakublockやケルンモザイク などの
カラーパーツを使って、
子どもたちの等身大のかわいい動物
(生き物ならなんでもOK!)を作りましょう。
決め手となるのは、とあるパーツ。
このパーツが発売されてから、
wakublockで表現できる幅がまたまた広がりました。

ぜひご参加下さい。お待ち致しております。
(どちらのクラスも同じテーマで実施する予定ですが、人数や年齢構成によって多少内容を変更する場合がございます。ご了承下さいませ。)
*

  • 🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞 *
    *
    4/14(日)
    10時30分〜12時(親子クラス)
    13時30分〜15時(幼小クラス①)
    15時30分〜17時(幼小クラス②)

4/20(土)
10時30分〜12時(親子クラス)
13時30分〜15時(幼小クラス①)
15時30分〜17時(幼小クラス②)

4/21(日)
10時30分〜12時(親子クラス)
13時30分〜15時(幼少クラス)
*
*
*
🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞🐸🐞
*
*
子ども時代の思い出は一生の宝物。
5000個以上の積木《WAKU BLOCK》を思う存分使って、ご家庭ではできないようなダイナミックな遊びをしませんか?
前回ご参加いただいた方も、初めての方もお気軽にご参加下さい。 「B.B.SHOP つみきと絵本のへや」でお待ちしています。
(毎回テーマを設けていますが、お子様の様子により内容が変更する場合もあります。
予めご了承くださいませ。)
*
※親子クラス(大人1名、子供1名での参加)の対象年齢は、2歳前から4歳、
幼児・小学生混合クラス(幼小クラス)の対象年齢は4歳から小学生までとなっております。

参加費:3500円(税別)
(お支払は当日の活動前にお願い致します。)
*
お申し込みは
LINE@ ID :isn6751z
https://line.me/R/ti/p/%40isn6751z
もしくは
【tumikideasobo@gmail.com】まで。
*

①お名前(参加される保護者とお子様の氏名・ふりがな・年齢・性別)
②携帯番号とご住所
③参加ご希望クラス(例:○日親子クラス、△日幼小①クラスなど)
④お子様のアレルギーの有無(おやつとお茶をお出ししています。)
を入力して頂きPC、スマートフォンから送信して下さい。
折り返しこちらからご連絡差し上げます。
※お申込み多数の場合は先着順とさせて頂きます。

お誘い合わせのうえ、ぜひご参加くださいませ。
皆様のお申し込みを心よりお待ちしております。

3月の積み木のワークショップ

3月に実施した積み木ワークショップです。
同じ材料、同じテーマで実施させて頂いておりますが、参加するメンバーの年齢や個性で、回によって違う作品になるのが、積木の面白いところです。

みんなそれぞれ自分の創造の世界で楽しい積み木遊びのひと時を過ごせるますように

来月も違ったテーマで実施致しますので、ご興味ありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ

3月のワークショップ

3月のワークショップ前半が終わりました。
今月は親子クラスと幼児クラスの内容が異なりますので、ちょっと大変ですが、2倍楽しいです。

写真は、幼児小学生クラスから、積木の円筒ドームの入り口を開ける瞬間の一枚です。
みんなで90分かけて、何百個も、何千個も、積木を積み上げて作り続けて、ようやく奇跡のようなドームの入り口。

どんなに元気いっぱいの子どもたちでも、この瞬間はみんな静かに一点を見つめます。

誰かがいい加減に作ったり、誰かがふざけてたりすると叶わない、子どもたちの頑張りの結晶です。

ドキドキしますが、最高にワクワクする瞬間でもあるのです。

絵本の話

2月の積み木のワークショップのテーマは『積木のお弁当箱作り』遊びだったのですが、導入にお弁当の絵本を読みました。

『おべんとうばこのうた』はみんながよく知っている、
♪これっくらいの、おべんとうばこに~♪
の、あの歌がそのまま絵本になった、かわいい一冊です。
リズムよく聞けて、すんなり楽しめるので、幅広く楽しめる一冊だと思います。

『きょうのおべんとうなんだとうな』は野原でピクニックするいろいろな動物さんたちの個性的なお弁当が面白くてかわいい一冊。
どのお弁当が好き?
こんなお弁当だったらどうする?と
子どもたちとの話も弾みます。

『べべべんべんとう』は『おべんとうばこのうた』と同じく、さいとうしのぶさんの絵本。
シャレが効いていて思わず笑ってしまう一冊です。

B.B.SHOPは書店ではなく、玩具店ですので、絵本の取り扱いはないのですが、絵本が好きなので、ちょこっと紹介させて頂きました。